macOS Catalina (10.15.1)でHackintoshな夢をみた話

前回、通常のHackintoshのバニラインストールではうまくいかなかったため、Nireshを利用してCatalina betaを導入しましたが、

  • Chromeが頻繁にクラッシュする
  • 日本語入力を受け付けないアプリケーションが存在する(MS Office, Apple純正Apps等)

といった不具合がありました。 どうやら調べてみると、Catalina betaでは日本語入力に不具合があったversionが存在し、betaから10.15.1へアップデートしたとしても、これらの問題は引き継がれてしまいます。

そこで、通常のバニラインストールに再チャレンジした夢の見方を備忘録として記します。
ここでは、自作PCにmacOS 10.15.1 をクリーンインストール します。

必要なもの(始める前に用意すべきもの)

はじめに
Hackintoshに関しては、現在はたくさんの情報がネット上に存在しているので、随分と楽になりましたが、自作PCの特性上、全く同じ構成のPCはなかなかありません。
そのため、同じようにやっているのに上手くいかない!!というのは当たり前で、自力でなんとかするだけの気力と行動力が必要です。
かなり多くの動作実績があるわけで、これを読んでいる方のPCでもきっと動くはずですが、その動作条件がすぐ見つかる人もいれば、なかなか見つからない人もいると思います。
結局のところ、何事も諦めたらそこまでで、しっかりと一つ一つ条件を潰していけば、必ず動きます。

Step1: インストーラーの作成
macOSをインストールするためのUSBメモリ(インストーラー)を作成します。 こちらのサイトが非常に参考になります。
App Storeからcatalinaをインストールしましょう。
Disk Utilityでインストーラー用のUSBメモリなり、M.2 SSDなりなんでもかまわないので、APFSでフォーマット(消去)をしましょう。

その後、Terminalを開いて、
cd /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/Contents/Resources/
を利用して、Catalina.appのディレクトリに移動し、
sudo ./createinstallmedia --volume /Volumes/OSx86/

でcatalinaのインストーラーをUSBメモリにコピーします。この際、sudoコマンドを利用(一時的に管理者権限で実行)するので、パスワードの入力が必要です(文字入力は見えません)。
OSx86としているところを、ご自身でつけたUSBメモリの名称にしてください。

Step2: インストーラーにCloverをインストールする
通常のWindowsやLinux向けの自作PCでmacOSの入ったストレージをそのまま繋いで起動しようとしても、通常のブートローダでは認識されず起動できません。
そこで、macOSに対応したブートローダを導入することで、macOSの起動を可能にします。

  • Clover installer
  • から最新版の”.pkg”をダウンロードしましょう。
    インストールの際に左下に”インストール先を変更”というボタンがあるので、こちらから、該当のUSBメモリを選択してください。

    次に、左下の”カスタマイズ”をクリックすると、ドライバやkextを同時にインストールできますが、こちらは後の工程で導入するとして、

    UEFIブート用にインスト−ルESPにインスト−ルの2つだけは必ず選択してインストールを完了させましょう。

    Step3: Cloverインストーラーを最適化する
    1. config.plist, 2. kextとdriver
    この2点がmacOSの起動で最も重要なファクターです。 まず、config.plistの内容によって、macOSがどのように起動するかが決まるため、このplistの記述次第で起動するかどうかが決まると言っても過言ではありません。
    2のkextやドライバ類は最新のものを入れておけば基本的には大丈夫なので、1番大事なのはconfig.plistです。
    ここでは、corei9 9900KのiMac19.1を想定して作成しておいたconfig.plistをアップロードしています。
    こちらからダウンロードしましょう。
    EFIフォルダごとアップロードしてあるので、EFIをマウントして全て書き換えてもらえれば、Cloverも現時点での最新版に更新されます。
    ※ここで、注意ですが、Serialは雑に設定しておいたので、各個人でインストールが上手くいった後は書き換えるようにしてください。

    すでに記述しておいたので、問題ありませんが、macOS10.15.1以降では、起動しているはずなのに画面が真っ暗のままの現象が多発しているようです。その場合はBoot argとして
    agdpmod=pikera
    を追記する必要があります。
    また、自分の場合はマザーボードがGIGABYTEのAORUS XTREMEですが、GIGABYTEやASUSのマザーボードではメモリアロケーションエラーが起きやすいようです。そういった場合は、
    slide=0をboot argsに追加すると良い(らしい)です。

    Step4: インストールする
    準備は整ったので、あとはAPFSにフォーマットしてインストールするだけです。
    ここからは前回と同じなので、こちらを参考にしてください。

    カテゴリーmac

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です